坐骨神経痛を完治させてみた -大切なのは関節の可動域–

腰痛・坐骨神経痛 克服チャレンジ

坐骨神経痛、辛かったです。何せ人生初めての経験でしたから、この世にこんな不自由があるんだと気付かされました。気軽に散歩できるってことは本当に幸せだと思います。

以前「坐骨神経痛 克服までの道のり」で書かせてもらいましたが、あの時私の回復率は80%くらいでした。座り続けるとその後痛みが出ていましたし、足の裏の痺れもずっと残っていましたから。そして今現在、私の坐骨神経痛は100%完治しました。

痛み 0%です。

それにしても長かったです。治療の半分以上はお医者さんの力を借りてしまいましたからね。2回のブロック注射が痛みの根源を教えてくれました。

私の坐骨神経痛の原因はこれ↓です。

仙腸関節障害

腰痛を克服するために間違ったストレッチをした結果、左足の坐骨神経痛を発症し、始めはお尻の中心、次にお尻の下、お尻の付け根、太ももの裏、ふくらはぎの裏と痛みが広がり始め、最終的に足の裏に痺れが出ました。左足全体が痛くて普通に歩けなくなり、どうしようもなくお医者さんの門を叩きました。

訪れた整形外科でレントゲンを撮り、問診をして、1回目のブロック注射された箇所がこちら↓です。

ブロック注射後、左足の痛みは一瞬にして半減しました。ブロック注射には筋肉の緊張を和らげる成分や、炎症を抑える薬が入っているそうです。しかし普通に歩けるようになったものの、痛い箇所はやっぱり痛いのです。足の裏の痺れもずっと残ったままでした。

しかしこの時、私はあることを発見したのです。たまたま親指をお尻の上の辺りに突き当ててみたところ、足の裏がビリッビリッとするのです。そしてその場所は親指で押すと痛いのです。★の場所です↓

骨の人体模型で見るとここら辺↓です。

仙骨×腸骨の間、まさしく仙腸関節なんですが、痛みの発生位置が特定できたのは大きかったのです。注射をする前は、お尻のどこを押しても痛かったですから。反対に太ももの裏とふくらはぎの裏は歩くと痛い割に、押しても痛く無いです。神経障害が足に伝わっているだけなんでしょうね。

こう言うところが、坐骨神経痛めんどくさい。

ここから私の挑戦が始まりました。場所の特定ができたのですから、どうやったら治るか試していくだけです。

まず最初にやったのが、テニスボールぐりぐり作戦。★の位置に合わせてテニスボールをぐりぐり押し続けてみました。結果、激痛発症!

絶対にやってはダメなやつです。せっかくブロック注射でお尻の筋肉の緊張や仙腸関節の炎症を抑えてもらったのに、わざわざ元に戻してどうするの?って話しになります。安静期間、約2日。

次に試したのが、関節を大きく動かすストレッチ。本やWebに載っているやり方です。息を吐きながらゆっくりと限界までひねる方法です。結果、あまり効果なし。

坐骨神経痛を見くびってもらっては困ります。痛みの向こう側体操(←絶対ダメなやつ)を実施してきた私としては、軽めのストレッチなど屁のツッパリなのです。これくらいで治るんであれば、もうとっくに治っています。

1回目のブロック注射から2週間が経過し、予約してあった2回目のブロック注射の日が来てしまいました。それでも痛み絶頂期のレベルを100%とすると、1回目のブロック注射後で60%くらいは回復していました。まあ、なんとか10分歩けるレベルです。

そして、2回目のブロック注射された箇所がこちら↓です。

痛みレベルは40%まで下がりました。普通に20分は歩けます。

しかしブロック注射は根本的な原因を治している訳ではないので、結局1回目後と同じ場所が痛いのは変らないのです。そこは自分で治していくしかないのでしょう。

う~ん、と考えること半日。ふと、あることを思い出しました。

そう言えば、腰痛ってどうやって治したんだったけ?何をしたんだっけ?

腰痛 克服までの道のり- 原因を追究してみる –」に書いている方法が使えるんじゃないの?

腰椎のズレが治った方法は、仰向けに寝て膝を曲げたまま腰を上下に動かしていました。腰椎と仙骨の連結が治った方法は、うつ伏せに寝て芋虫状態で腰を上下に動かしていました。共通する動きは?

小さい動きの反復運動

すでに痛くなる場所は特定済みです。仙腸関節の上側。その場所を上手く動かせる方法を自分の身体で色々と試してみました。

うつ伏せで背中を反らし、左足をくの字に曲げます。その状態でお尻を小刻みに上下させます。

この運動は仙腸関節を内側に動かすことを意識しています。お尻を持ち上げた時に仙腸関節は外へ向かい、下げた時に内側に向かいます。やってみると分かりますが、内側に向かう力の方が強いです。

そもそも坐骨神経痛だと、上の写真のように左足をくの字にするだけでも、お尻や太ももの裏が痛いです。なので絶対に無理をしないように気を付けました。

痛みの向こう側には痛みしかありません。(経験者は語る)

ポイントは、軽めの力で小刻みに速く動かすことです。関節の可動域を少しずつ増やしていくイメージです。

次の運動は、こちら↓です。

うつ伏せで背中を反らし、左足を右足の下にクロスさせます。そして先程と同じようにお尻を小刻みに上下させます。

この運動の狙いは仙腸関節を外側に動かすことです。狙った関節を意識して動かします。

左右の動きが終われば、今度は前後も。

うつ伏せで背中を反らしお尻を前後させます。狙いは仙腸関節を上下に動かすことです。

他にも色々と試しましたが、自分にとって一番効果的な運動を載せてみました。意識したのは関節の可動域だけです。これら運動をお風呂から出た後に毎日やりました。

運動3日目、左足を右足の下クロスさせてお尻を動かしているとパキッと音がしました。翌日、足の裏の痺れが消えました。

運動4日目、いつもなら筋肉が突っ張って痛むのですが、あら不思議ぜんぜん痛くない。しかも足がよく広がります。

痛みよ、どうした?

お前の力はそれで終わりか? 私をあれ程苦しめておきながら、そんなに簡単に別れるつもりか?

私は離婚して暇なのだ。もうちょっと構っておくれ。

それから4日後、仕事の出張で2時間ほど車に座っていたら、今度は左のお尻の付け根が痺れ始めました。おお!懐かしい痛み。

翌日、太ももの裏が痛くなり始めたので、原因の場所を親指で押しながら探していたらすぐに見つかりました。
ここ↓です。

まあ、いい暇つぶしです。相手をしてあげますか。

場所は左足の股関節ですか。そうですか。

まずは正座をします。両手を床につけて、右足だけ伸ばします。そしてお尻を左右に動かします。パキッと。

翌日、完治しました。

私は離婚して暇なのだ。もうちょっと構っておくれ。

ではでは。