離婚後の新たな挑戦 -これからのこと考える-

男やもめチャレンジ

2019年12月。結婚してから16年を経て、ずっと幸せだと思い込んでいた夫婦生活が終了しました。

元妻みどりさんから別れを告げられた衝撃は、今でも鮮明に覚えています。現実だとは思いながらも、悪い夢を見ているような日々がずっと続きました。

それからの心の乱れは酷過ぎました。

離婚を回避したくて空回りした1カ月、離婚届を出した直後の心に穴が開いた感覚。そして子供たちの新学期前まで一緒に過ごした3ヶ月。

最終的に家族の引越しを見送る私。

毎日、色々な感情が浮かんでは消えていく。その気持ちに心が追い付けない。仕事があるのに眠れない、仕事中に涙がこぼれる、そして無感覚になる。

色々な感情を経て今は私の心は安定しています。

みどりさんと子供たちが引っ越した後の家の中の静かさは本当に恐怖でした。人の声で安心している自分がいたんだと、その時初めて気が付きました。

しばらくボーっとした日々を過ごした後、何かしなければと思い書いたTo doリストです。

① 家の中の片づけと整理。
② 新規銀行口座の開設。
③ クレジットカードの変更。
④ 車の乗り換え。
⑤ 給与口座の振込先変更。
⑥ 毎月の家賃、公共料金の口座変更。
⑦ 家計簿の把握。
⑧ ガラケーからスマホへの変更。
⑨ 旧銀行口座と、生命保険の解約。
⑩ 新しいブログへの移行。

毎日コツコツやり続け、1カ月をかけて全て終わらせました。家の中は以前より綺麗ですし、家計も把握、家事はルーティーンなので気になりません。そして家の中の静けさも、もう慣れました。

リスト⑩番でこのブログを書いていますが、今まで書いてきたほろ酔いチャレンジのブログを全てこちらに移動しようかと思いましたが、悩んだ末に止めました。

過去は過去なんです。

やっと前を向こうと思っているのに、思い出を振り返れば落ち込むだけですから。今になってあの時リストを書いた意味が分かってきました。大切なのは、生活の安定と心の安定なんですね。

これからのことを考える

つい先日、会社の先輩と釣りに行きました。今までなら釣った魚を家族に食べさせたくて全てお持ち帰りをしていましたが、今回は会社の先輩に全て差し上げました。家に帰ってから一人で魚をさばいて、一人で料理して、一人で食べることを想像したら、魚を持ち帰ろうという気持ちにはなれなかったのです。

これが一番の違いなんだと思います。

「誰かのために」が「自分のために」になって戻ってきてしまいます。楽しみの半分がごそっと消えてしまう感覚です。私にとって自分だけの楽しみは少ないのかもしれません。

それでも、この静かな生活を楽しんでいる自分もいます。何にも邪魔されない自由な生活を。

とりあえずこれからのことは、ゆっくり考えていこうと思います。「自分のために」に挑戦できなくなった時、「誰かのために」をもう一度考えてみます。上手く自分の気持ちを表現できませんが、離婚して4カ月が経った今の気持ちはこんな感じです。(笑)

ではでは。